導入事例一覧へ戻る

導入事例

高画質なデジタル防犯カメラシステム『EX-SDI』導入。
クリアな動画で万が一のときも安心!

【設置先:武蔵小山商店街PALM(パルム)】
 施行:2017年2月

老朽化に伴い、防犯カメラシステムを新たに導入

東急目黒線・武蔵小山駅前から800メートルほど続く武蔵小山商店街PALM(パルム)は、多くの店舗や飲食店が並ぶ活気ある商店街です。ここにはもともと防犯カメラシステムが付いていましたが、設置は約15年前と古く、映像の粗さが問題となっていました。いたずらやトラブルが起こったときのためにも、よりクリアな画像が確認できる防犯カメラに変えた方がよいという警察のアドバイスもあり、駅前再開発を契機に防犯カメラの全面リプレイスを実施することとなりました。

 

クリアな映像を複数モニタリングできる『EX-SDI』を導入

現地の状況を調査したところ、メインの通りだけでなく、そこから左右に分かれる細い路地がいくつかあることが分かりました。怪しい人物が現れたとき、どちらの方向から来てどちらに行ったのかをより正確に把握するためにも、横道も撮影できるカメラを設置したほうがよいと判断し、新たに3台のカメラの増設を提案しました。

防犯カメラシステムは、より高画質でクリアな映像が撮影できる『EX-SDI』を導入。通常、商店街のような場所には、配線が邪魔になるため単独型の防犯カメラシステムを設置することが多いのですが、武蔵小山PALMの場合はアーケードの屋根の上に配線用スペースを確保することができたため『EX-SDI』を選択しました。単独型と違い、複数のカメラ画像を1台のモニターで一括監視できる点もメリットの一つです。カメラの台数は、脇道監視用の3台を含め、全部で28台に。万が一の停電や電源トラブルによる録画停止といったトラブルを避けるために、非常用バッテリーも用意しました。

 

施工後まもなく、器物損壊事件が発生!

日中は多くの人が行きかうため、工事は夜間となりました。10日ほどで設置作業が完了しましたが、施工後すぐに器物損壊事件が発生。しかし、「カメラの高画質な映像のおかげで原因などをしっかりと確認することができ、とても役に立った」というお客様の声をいただきました。

担当者のひと言

夜間といっても、商店街には仕事帰りの会社員や飲食店のお客様など、多くの人がアーケード内を歩きます。事故が起こらないように細心の注意を払いながら作業を進めたり、高所作業車の駐車スペースを確保したりなど大変な点もありましたが、施工後すぐに『EX-SDI』の機能を実感していただくことができました。これからも商店街を利用する皆様の安全・安心に役立ってほしいと思います!

導入事例一覧へ戻る
まずはお気軽にご相談下さい。全国対応03-0000-0000 受付9:00〜20:00 お問い合わせ資料請求はこちら